業者選びに役に立つ製造・機械・部品に関連した業者をご紹介します。

製造業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月10日 [FAQ]

車の整備士の仕事は女性の雇用がありますか?

子供のころから細かな作業が好きで、自転車、バイク、車とタイヤのあるものに惹かれていきました。まるで男の子みたいだとよく言われてきました。
バイクの免許を取ってからはバイクの手入れからちょっとした改造まで自分でしてきました。兄に教えてもらいながら工具も結構上手に使えるようになりましたし、部品の扱いも慣れました。
車の免許を散ってからはガソリンスタンドでアルバイトをしながら多くのことを学んできました。タイヤ交換も出来ます。
そんな自分が今つきたい仕事は車の整備士です。力のいる仕事でもあると思いますが、自分は慣れていますし、機械いじりが好きなので早く覚える自信があります。
女性も整備士の仕事は出来ますか?女性でも雇用してくれる会社はあるでしょうか?教えて下さい。

回答

女性の整備士だからできる強みを生かすとよいでしょう


自動車やオートバイなどに関する職業は男性が圧倒的な多さです。その中で近年、女性の整備士が増加していることが確認されています。整備士全体で見た時には全体の3%ほどとまだ比率は高くありませんが、この2年ほどでの増加が目立っており、今後、女性整備士がさらに増えていく予兆を感じるものです。それは、車が好きである、車にかかわる仕事につきたいという人が増えているということ。それに応じて、会社は女性整備士が安心して仕事ができる体制を整えることが必要になります。女性用の更衣室やトイレなどは欠かせません。職場を探す際にその点は確認するようにしましょう。
整備士の仕事は重いものを持ったり動かしたりと、力が必要なため男性の仕事と思われがちですが、今は業務のコンピューター化や機械化が進み、女性でも出来るようになりました。力が必要な場合もありますがそれは男性に頼めばよいのです。力の入れ方や工具の使い方をきちんと身に付けることでクリアできる問題も多く、かつての重労働と言うイメージとは変わってきています。
自動車の整備には故障の修理や診断に対して繊細なことに気づける感覚も重要なため、女性に向いている仕事も実は多いのです。お客様も女性の整備士の方が相談しやすい、ということもあるでしょう。
これまでにお仕事で経験されたことと、車が好きであると言う長所は整備工場にとっても大きなメリットです。機械を使われることが得意であれば、部品を持ち上げたり、運ぶための機会が充実している会社を選ぶと、実力を発揮する日が近くなるでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク