業者選びに役に立つ製造・機械・部品に関連した業者をご紹介します。

製造業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月12日 [FAQ]

部品を仕入れる方法にはどんなやり方がありますか?

企業の経営に関わっているのですが、自社で扱いたい部品がありそれを発注したいと思っているのですが、その際にどのようなスタイルで発注をするのが望ましいのか悩んでいます。
そこで知りたいのですが、部品を仕入れる際の方法としてどのようなやり方が存在しているのか、具体的に教えてください。

回答

大量仕入と随時仕入、集中仕入があります


これから部品や製品などの仕入れをしたいときには、主に3種類の方法から選ぶことができ、それぞれ大量仕入と随時仕入、集中仕入があり、それぞれの方法にはメリットとデメリットがあるため、会社の事情に合わせて最適なものを選ぶとよいです。
大量仕入れとは一度に大量の発注をして仕入れるという方法であり、こちらは1個あたりのコストを下げることができるというメリットがあり、発注回数が少なくなるため経費を減らすことができ、発注担当者の負担も軽減できるという良さもあります。
ただし、デメリットも存在しており、たとえば製品が残ってしまうことがあり、そうなると在庫が出てしまうのですが、仕入れるものによっては長く保管しておくことが難しいものもあり、そうなると最終的に破棄してしまうケースもあるため、損失が発生してしまうのです。
次に随時仕入という方法があり、こちらは在庫が減ってきたときのように必要に応じて発注をするという方法となっており、発注回数はどうしても多くなってしまうのですが、仕入先に対して毎回支払うことになるお金を抑えることができるというメリットがあり、デメリットは発注回数が増えることによって担当者の負担が増えてしまうことです。
また、集中仕入という方法があり、こちらは本社があって複数の店舗や支社などが展開している際に、本社で一括して発注をして仕入れて、それをそれぞれの店舗や支社などに分配していくという方法であり、コストを削減することができて管理も容易であるのがメリットとなっています。
このように仕入れのパターンが3つ存在しているため、一体どの方法が一番適しているのかよく考えて選ぶことが大切であり、適切な方法を選択することによって、コストカットや担当者の軽減といったメリットを得ることができるのです。
製品や部品、機械などをメーカーに発注する際には、定期的に同じものを受け取りたいというケースが存在しており、その場合にはどのようなパターンで仕入れるのか考えておかないと、トラブルが起きてしまうかもしれません。
それぞれの会社が何を重視しているのか、どのような体制で事業を進めているのかによって、適切な仕入れの方法は異なります。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク