業者選びに役に立つ製造・機械・部品に関連した業者をご紹介します。

製造業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月14日 [FAQ]

部品の仕入先の評価基準のポイントは何でしょうか?

私の会社は製造業を営んでいるため部品の仕入れをする必要があるのですが、今度、新しい仕入先を見つけようと考えており、その際にどのようにして仕入先の評価をすればいいのか悩んでいます。
そこで、仕入先の評価をするための基準について、どういったポイントに注目すればいいのか教えてください。

回答

品質と価格、納期に注目する


仕入先を選定するのはとても大切なことであり、選び方を間違えてしまうと納品された部品に関して不満を覚えてしまうことがあり、事業にも大きな影響を与えてしまうことがあるため、注意しましょう。
まず、部品の品質はとても重要なことであり、品質をしっかりと保証してくれることを重視するべきであり、そのためには、たとえば仕様書を作成してもらって、品質を担保してもらい、さらに品質管理体制や製造プロセスなどもチェックをして、部品の品質をしっかりと見極めましょう。
質の良い部品を仕入れることができなければ、製造されたものの品質にまで影響を与えてしまうことになり、それは会社の評価が悪くなってしまうことにもつながるため、企業にとっては大きな問題となってしまうのです。
また、仕入れの際には部品の品質を求めることだけではなく、できるだけコストを抑えることも重要であり、理想論を言えば高品質で低コストな部品を仕入れることができるのが一番でしょう。
しかし、実際にはなかなか理想通りの条件で仕入れることは難しいため、まずは品質をしっかりと担保してもらい高品質なものを仕入れてもらえることを保証してもらい、そこから価格交渉をしてできるだけ安い価格で納品してくれることを期待するのです。
仕入れコストを少しでも削減することができれば、それが企業の利益にとって大きな貢献となるため、コストを下げるための交渉に力を入れることはとても大切です。
また、最終的な納期をしっかりと確認することも大切であり、毎回同じ部品を定期的に大量に発注するようなケースでは、納期が安定しやすいのですが、個別受注してもらい、毎回別の部品を発注するような場合には、納期が安定しなくなることがあります。
納期については仕入先の生産能力が大きく関わるため、生産力についてきちんとチェックすることは重要であり、どのくらいの社員がいて、どんな設備が整っており、生産状況についても常に把握しておくことが大切です。
このように品質と価格、納期の3つのポイントが仕入先に求められる重要な要素となっているため、これらについて注目しながら仕入先を選ぶと良いでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク