業者選びに役に立つ製造・機械・部品に関連した業者をご紹介します。

製造業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月18日 [FAQ]

業者との打ち合わせのポイントはなんですか?

私の会社ではこれから新製品の開発に着手しようと考えており、そのために部品の製造を外注したいと考えていて、実際に業者を見つけて、これから打ち合わせをする段階となっています。
そこで、これからトラブルを避けるために打ち合わせの際にはどういった点に注意をすればいいのか、話し合いをするときのポイントについて教えてください。

回答

目的やコスト、納期などについてしっかりと話し合う


打ち合わせをする際には、できるだけ多くの情報を業者に伝えることが大切であり、こちらの目的をきちんと理解してもらわないと、後でこちらの希望とは異なる仕様の部品を納品されてしまうかもしれないため注意しましょう。
まずは、製品企画についてきちんと話すことが大切であり、どういった製品に使われる部品を発注したいのか、その製品はどのような機能があって、どんな目的に使われるものなのかといったことまで詳しく伝えておくのです。
特に部品のサイズについては重要な問題となり、少しでも寸法が間違えていると、部品は使いものにならなくなってしまうため、正確なサイズを伝えて、それにしたがって製造してくれるように頼みましょう。
どの程度のコストがかかるのかも大事な点であり、これは見積りをもらったときに分かることで、予算の問題もあるため、部品にどの程度のお金をかけることができるのかを伝えて、コストについての話し合いも行いましょう。
どんな材質を用いるのか、どの程度の性能が要求されるのかも重要であり、単に高性能であればいいわけではなく、その部品を用いる製品に合った性能が要求され、どの程度までならば許容範囲となるのかも伝えておきます。
あまりにも高品質なものを求めると、コストがかかってしまい予算をオーバーしてしまう可能性もあるため、ある程度は妥協することも必要であり、その点についても打ち合わせの段階でしっかりと話し合いをして条件をまとめましょう。
この段階で少しでも疑問があればすぐに質問をして専門的な内容についても回答を求めて理解しておくことが大事であり、不明な点が一切ない状態で注文できるようにしましょう。
納期について話をすることも重要で、あらゆる要素が関連することであり、不測の事態が起きてしまう可能性もあるため、納期に遅れるようなことがあるのも想定して、余裕のあるスケジュールで発注できるようにします。
以上の点を頭に入れて打ち合わせをすることで、有意義な話し合いを進めることができ、後でトラブルが起きるのを避けられるでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク