業者選びに役に立つ製造・機械・部品に関連した業者をご紹介します。

製造業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年12月18日 [FAQ]

中古の建設機械を購入する際の注意点とは?

経費削減のために、これまでは新品で購入していた現場で使用する建設機械の多くを、中古で賄うことを決めました。
普通乗用車やトラックと同じように、少しでも使用されていれば、新車よりもかなりお得に購入できますし、自分達の経験からしても、建機は簡単に故障するものでもないため、中古品を上手く利用すれば、かなりの経費削減を期待できると思います。
そこで質問なのですが、中古の建設機械を購入する際の注意点を、分かる範囲で全て教えてください。


今後も信頼して取引できる購入先を見つけることも大事。


使用する建設機械の整備を完璧にできるスタッフさんがいれば問題はありませんが、中古の建機を購入する場合は、以前どこで使用されていたものなのかが大きなポイントです。
建機の場合は、使用時間を知ることができますが、きちんとメンテナンスを受けていたとしても、特殊な現場などで使用されていた場合は、購入を避けた方がいいでしょう。
機械の状態以外に関することで注意しなければいけないこともいろいろあって、購入した建機をその後どのようにして使用するかでも、購入方法は大きく変わってきます。
使用年数や使用する現場など、用途を事前にきちんと決めて、それに合わせた予算を組み立てて、新車で購入した場合に再販することも含めた損得をきちんと考えておくことが重要です。
もちろん、どんなに状態が良い建機でも、予算よりもオーバーになる場合は購入することはできません。
予算より大幅に安くても、用途に合わなければ購入を避けた方がいいケースもあります。
損得勘定をきちんとして、用途に合わせて事前に資金に目処を付けておきましょう。
特殊な建機は、購入先などの候補をたくさん見つけることができないでしょうが、可能な限り購入先をたくさん見つけて、自分たちでできる範囲で機械の状態をしっかり確認して、購入すると決めたらできるだけ早く行動を起こしましょう。
掘り出し物はすぐに売れてしまいますので、早めの決断が大事になります。
新車の時からきちんとメンテナンスがされていたかどうかは、その記録を記載した記録簿などから把握することもできますので、その有無も必ず確認することをおすすめします。
信頼できる購入先を見つけることも大きなポイントで、そうすれば今後も安心して取引することができます。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク