業者選びに役に立つ製造・機械・部品に関連した業者をご紹介します。

製造業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年04月23日 [FAQ]

精密機器の部品を製造する業者です。品質管理の仕事内容が知りたいです。

現在、精密機器の品を製造する業者にて、製造業のライン作業に携わる現場で仕事をしています。この現場での経験を4年ほど積んだので、5年目に当たる来月に品質管理のスタッフとして異動することが決まりました。

もともとこの業界でのスキルアップを考えていたのでとても嬉しい話なのですが、具体的に仕事内容としてどのようなことを行うのか把握しておきたいと思っています。

別会社の友人の中には、製造業のライン作業にいた方が給与が多くもらえていたので、品質管理の仕事から製造業のライン作業に戻りたいと愚痴をこぼしている人もいました。

理由としては、製造業のライン作業では、休日出勤や残業など、忙しさはあったものの、その分手当が付いていたので、給与的にも満足な額をもらえていたけれど品質管理ではそれがないというものでした。

個人的には将来へのステップとしてこの過程を超えていくのは問題ないのですが、本当に必要な過程であるのか気になります。

回答

将来のステップアップには重要なポジションです。内容もご紹介します!


現場から品質管理の業務への異動は業界でスキルアップを狙う方にとって、必要な過程と言えるでしょう。


主な作業内容としては以下のものが挙げられます。
・品質計画
主に製造業務の工程について事前計画を立てておきます
・委託先の管理
外注先の品質管理のチェックと、必要があれば新しい外注先を探します
・検査機器の管理
測定機器が正常に動いているかどうかのチェックを行います
・不適合品の管理
製造過程で不良品が発生した時の報告書の管理や、処置を行います
・資格の管理
製造過程で有資格者の対応が必要なケースに対応できるように資格管理と教育管理を行います
・設計管理
設計に基づきどんな記録をつけるのか管理していきます

上記の内容はもっとも基本的なものであり、他にも細かな業務が多数あります。

品質管理の作業でもっとも大事にするべきことは、お客様にご満足いただける品質を提供できるように、製造作業工程での管理を行っていく役割となります。

給与体制に関してはそれぞれの社の基準がありますので、言及が難しいですが、一時的に給与体制が下がったとしても、いずれ製造業で責任ある立場までの昇進を目指すのであれば、品質管理業務は誰もが通る道筋です。

スキルアップをして自分自身の仕事に関する知識を磨く期間と言えるでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク