クラッド材の専門商社です

クラッド材の専門商社
2018年09月23日
> [クラッド材]

生活に欠かせないクラッドメタル

クラッドメタルという単語を聞いてもピンとくる方は少ないかもしれません。クラッドとは被覆材の事を意味していて簡単に説明すると日曜大工でよく使うベニヤ板のように異種金属に圧力を加えて圧着し、互いに性質の違う金属の長所と短所を補う技術のことを言います。このクラッド材は実に多くの分野で使用されていて、航空機のエンジンの温度計や外板、屋根の建材等に幅広く使用されており我々の生活には欠かせない物になっています。
バイメタルジャパンはそんなクラッド材の販売及び技術的なサービスやコンサルティングを通して社会に貢献し、クラッド材とバイメタルの分野において確固たる地位を築くリーディングカンパニーとして存在感をどんどん増しています。

様々な用途があるクラッド材


バイメタル・ジャパン株式会社は2種類以上の異なる金属を張り合わせた材料であるクラッド材の専門商社です。異なる金属を張り合わせると単体の金属を使うのではできないことができるようになります。例えば熱膨張係数の高い金属と低い金属を合わせると、金属を熱変形させることができます。高価な金属と安価な金属を合わせてコストを下げたり、メッキ材と違って耐食性があるので生産性を良くしたりすることができます。大部分がオーダーメイドなので、用途や鋼種などの要望をサイトの専用フォームからお問い合わせください。

クラッドメタルについて知る。


クラッドメタルとは一つの金属と他の異種金属を圧力を加えて圧延接合する技術の事をいいます。接合面は金属結合により結合状態は最強になります。異種金属の特性を活かせる硬度を調節する事が可能なので品質の向上や加工工程の省略でコストダウンに繋がります。腐食が心配されるメッキ材から切り替える事により耐久性に優れているので生産性やコストを改善する事が出来ます。サーキットブレーカーやモータープロテクター、電池などにも使用されています。


PageTop