クラッド材の専門商社です

クラッド材の専門商社
2018年09月25日
> [クラッド材]

クラッドメタルの用途とは

クラッドメタルは、異種の金属を圧力によって原子間接合したものです。その用途は様々で、銅とアルミを組み合わせる2層圧延では、製品の軽量化を図り、軽くて熱伝導性のよい鍋などの調理器具の製品に使用できます。銅・ステンレス鋼・銅の3層圧延では、芯材に銅よりも安価なステンレス鋼を使用することによって、材料コストを安くし、材料強度を増すことができますので、屋根材などに利用されます。チタン・アルミ・チタンや、ニッケル・ステンレス鋼・銅・ステンレス鋼・ニッケルの5層など、用途に応じて多種の金属の圧延ができます。

クラッド材の需要や製造について


クラッド材とは、異種金属を圧力によって接合させた金属材の事です。材料となった金属の性質を併せ持つ事となる為に様々に特殊な金属を生み出せる為、産業用途としても古くから需要が高いものです。
近年においてはより複合的な層を持つものや、高い精密性が求められるケースも増えています。用途に適う高性能材の製造の為には、各金属の性質や配合割合の違いを知識として蓄積した上で、専門的に一貫した製造体制の構築が求められています。

クラッドメタルの使い道は無限大


クラッドメタルとは異種金属接合材料のことをいいます。異なる能力を持っている金属を圧力で接合します。接着剤は使わずに、金属の分子間で圧延しますので剥がれることはありません。2種・3種・5種と用途に応じて選択できます。曲げやすい金属と、強度がある金属を合わせて、調理器具などに加工しやすくしたり、高い金属を少なく使用して、安い金属と合わせることで、コストダウンも図れます。使い方の可能性は多方面にわたります。


PageTop