クラッド材の専門商社です

クラッド材の専門商社
2018年09月29日
> [クラッド材]

クラッドメタルの特徴とは

1つの金属の表面と他の金属の表面を圧力をかけて伸ばして接合してできるものがクラッドメタルです。圧力をかけて金属と金属が接合されるので表面には接着剤は使用せず、そのため、剥離(剥がれる)しにくい性質になります。つまり強いものができるのです。
違う種類の金属を接合することで、一種類の金属では出せない機能ができるのです。
例えば高価な金属を少しだけ使い、あとは安価な金属を多く使って、材料の値段を下げることもできます。

クラッド材を有効活用する


クラッド材というものをご存知でしょうか。この素材は、2種類以上の異なる金属を張り合わせたもののことを言います。
特徴としては、異なる金属を接合することにより、単体の金属では実現することのできない機能を持たせることができるというもので、例えば、熱膨張係数の高い金属と低い金属を圧延接合することによって、金属を熱変形させることもできます。
また、高価な金属を少しだけ使い、安価な金属を多く使うことにより、コストダウンも実現させることが可能です。この材料は、そのほとんどがオーダーメイドで、お客様の要望に合わせ作成することができます。ぜひ一度、お問い合わせください。

クラッドメタルの豊富な用途


クラッドメタルとは、異なる素材の金属を圧力を加えて張り合わせ圧延させたものです。原子結合されるので接着剤は使いません。結合することによってより強いものとなり、剥離することもありません。高い金属と安い金属を組み合わせることで、コストダウンにもつながります。加工の面でも、熱膨張係数が高い金属と低い金属を組み合わせることで熱変形も容易になります。腐食に耐えられる金属に変えることも簡単です。用途によって2種・4種・5種、金属の種類も多くありますので、理想の製品作りに役立ちます。


PageTop