クラッド材の専門商社です

クラッド材の専門商社
2018年10月05日
> [クラッド材]

コストダウンにも効果をあげるクラッド材

錆びに強い金属もあれば、弱い金属もあります。逆に強度は高くても、簡単に錆びてしまうようなことも出てくるでしょう。それぞれに特色があり、どうやって生かしていくかが重要になってきますが、強度のない材料はどうやっても超えられません。そこでクラッド材が活躍するようになります。錆びに強い材料に対して、錆びるけど強い材料を接合させれば、問題は解決するでしょう。原子間結合という高い強度を発生させられるクラッド材は、剥離する心配もいりません。錆びる心配もなく、安心して使っていくことができますが、これもメッキなどとの違いといえるでしょう。コストを考えても、心配はいりません。錆びに強い高価な材料を使っていくのではなく、低コストの材料も利用できるのですから、コストパフォーマンスにも優れた材料にすることができるのも、クラッド材のメリットだからです。既存の製品であっても置きかえていけば、コストダウンも計れるのですから、価値の高い技術といえるでしょう。

クラッド材の活躍と広がる利用価値


さまざまな金属を作り出してきても、クラッド材のような組み合わせはまだまだあります。複数の金属を結合していくことができるところに特徴があり、新しい世界を作り出すことができる方法です。単一の金属ではできないようなことができるようになるのが特徴で、複数の金属の特徴をそのまま生かせるようになります。接合させることによって、さらに新しい特性も生み出せるようになるでしょう。クラッド材として、熱膨張係数の違うものをつなげば、それぞれ別の膨張・収縮をしていくことになるでしょう。片側の金属が支えながら熱による変形をさせられるようになるのですから、大きな効果を生み出せるようになります。これは単一の金属ではできないことに預なるでしょう。クラッド材は、産業機械を始め建築材料でも使われています。耐食性を高めながらも軽量化したり、耐久性を高めたりすることもできるようになるでしょう。活用の幅はいくらでも出てくるため、高い利用価値がある方法です。

複数の金属を生かせるクラッド材のメリット


金属には特性があり、それぞれ別の性能を持っています。設計上で考えた場合、どこまで生かしていけるのかが重要になってくるでしょう。しかし、この特性を超えることはできないのも金属の特徴です。限界を超えなければいけなくなれば、別の金属を使わなければいけません。強度の低い材料を使わなければいけないのに、強度を求めるのはナンセンスとなるのと同じです。クラッド材は、弱点も克服させられる特徴を持っています。銅のように強度の低い柔らかい素材は、どうしても使わなければいけない場面が出てきます。クラッド材では、ステンレス鋼などを結び付けていけるため、高い強度を持たせながら、表面では銅の特性を生かせるようになるでしょう。単一の金属では限界があることでも、クラッド材によってさらなる高みを目指せるのですから、どんどん利用していくべき技術です。機能の限界を超えられるだけではなく、デメリットも解消できるところが重要になってくるでしょう。


PageTop